Minecraft Java版 同じアカウントでマルチプレイ スキンを変える方法 

Minecraft

前回、こちらの方法で、同じアカウントでマルチプレイできるように設定しました。

今回は、JSONファイルを書き換えて作ったプレイヤーのスキンを変えていきます。

マイクラJava版でスキンを変える方法

通常、Java版はマインクラフトランチャーからスキンの変更をします。

ランチャーからスキンのタブを選んで、「新しいスキン」をクリック。

参照ボタンをクリックして、使いたいスキンの画像を選択し、保存します。

これで、新しいスキンがライブラリに追加され、使用できるようになります。

一つのアカウントでマルチプレイをする場合のスキン変更

JSONファイルを書き換えて、同じアカウントでマルチプレイをする場合、ランチャー起動時はWi-Fiをオフにしなければいけません。

そのため、スキン変更のタブを選択しても、

このように表示され、スキンの変更ができません。

ランチャーからスキンの選択ができないので、リソースパックを使ってスキンを変えます。

スキン変更用のリソースパックを作る

デフォルトのプレイヤーであるSteveとAlexのスキンを変更するリソースパックを作ります。

resourcepacsフォルダ内に、任意のフォルダを作成する

resourcepacksフォルダは、

Macなら Users/(ユーザー名)/Library/Application Support/minecraft

Windowsなら Users/(ユーザー名)/AppData/Roaming/.minecraft

にあります。※隠しファイルを表示してください。

resourcepascsフォルダ内に、新規フォルダを作成します。スキン変更用と分かるように、フォルダ名はskin_changerとしましたが、フォルダ名はなんでもいいです。

pack.mcmetaファイルを作成する

先ほど作成したフォルダ内に、テキストエディタで、pack.mcmetaファイルを作成します。

pack.mcmetaファイルには、以下のように記述します。

{
     "pack":{
        "pack_format":8,
        "description":"Skin Changer"
   }
}

マイクラのバージョンは1.18を使っているので、「”pack_format”:」の後の数字は、8です。

バージョンに合わせた数字を入れてください。

「”description”:」の後の文字列が、リソースパック選択画面で表示されるので、リソースパックの中身がわかりやすい名前にしておきます。

これを、拡張子「.mcmeta」で保存します。

ファイル名が「pack.mcmeta」になっているのにリソースパックとして認識されていない場合、拡張子が非表示の設定になっていて、実際のファイル名は「pack.mcmeta.txt」となっているかもしれません。

拡張子「.mcmeta」で保存してください。

スキンを格納するフォルダを作成する

skin_changerフォルダ内、pack.mcmetaファイルと同じ階層に、assetsフォルダを作成します。

assetsフォルダ内に、

minecraft/textures/entity

とフォルダを作成します。

このentityフォルダに、使いたいスキンを入れます。

使いたいスキンを格納して、ファイル名をsteve.png(alex.png)に変える

使いたいスキンのファイルを、entityフォルダ内に格納します。

ファイル名は、「steve.png」または「alex.png」としてください。

ファイル名を変えることで、これらのスキンが、SteveとAlexのスキンとして認識されます。

最初はSteveのスキンだけ変更していたのですが、たまにAlexでゲームに入ってしまうことがあったので、今は両方変えています。

リソースパックを適用する

ゲームを起動して、オプション設定に進みます。

リソースパックの設定に進みます。

作成したリソースパックが、リソースパック一覧に表示されているので、サムネイルをクリックして、リソースパックを適用します。

適用されると、リソースパックが右側のselectedに移ります。

リソースパック適用後、ゲームを起動すると、SteveとAlexのスキンが変わりました。

まとめ

Steveのスキンから好きなスキンに変わって、娘はとても喜んでいました。

しかし、同じアカウントでマルチプレイの設定同様、幼い子用に家庭内で一時的に利用するには良いですが、本格的に始めたら使わなくなる方法ですね。

コメント

  1. whoiscall より:

    Thanks.

タイトルとURLをコピーしました